化石のこととプレートのことを勉強していた

化石などについて勉強しました。骨格や貝殻など、かたい部分が化石として残ります。地層ができた後に、大きな力が地層にはたらくと地層は変形します。正断層、逆断層、横ずれ断層があります。地層の連続的な堆積を整合といい、堆積が中断された重なり方を不整合といいます。河川に沿って階段状に分布するのを河岸段丘といいます。海岸線に沿って階段状に分布するのを海岸段丘といいます。鋸歯状の海岸線を形成するのをリアス式海岸といいます。一定の海域に多数の小島が存在するのを多島海といいます。インド大陸とアジア大陸の衝突によって地層がしゅう曲して山脈ができました。次は、プレートなどについて勉強しました。海洋プレート(インド・オーストラリアプレート)が陸側のプレート(ユーラシアプレート)の下に沈みこむうちに、インド大陸とアジア大陸の間にあった海底の堆積物がおし上げられ、圧縮されてできました。このようなことを学べて、とてもいい勉強になって良かったと思います。キレイモ 顔脱毛