日本近海の海流と海洋などについて勉強した

海流などについて勉強をしました。親潮系の海水はプランクトンなどが多いため緑色を呈し、透明度も黒潮より小さいです。黒潮と親潮の混合域はよい漁場を形成しますが、混合域での海水温の変化は海霧の発生など海洋気象とも深いかかわりをもっています。地球表面の70%を占める海洋は、気候の形成に大きなはたらきをしています。一方、最近では人間の活動による地表面の状態変化や大気中に排出される温室効果ガスも気候に影響を及ぼすことがわかってきました。海洋の表層から深部に向かう流れは、水温や塩分の違いにもとづく海水の密度差によって起こります。北極や南極の周辺で海水が凍ると、とり残された塩類によって海水の塩分が増加し、また低温であるため密度の大きな海水になって海洋の深部に沈み込み、赤道方向に向かいます。すなわち、海洋の流れる海水は大部分、北極や南極付近から沈み込んで流れてきたものです。知らないことを知れて良かったです。お金借りるなら