ここ何年も宜しい歌を聞いたことがない気がする

色々な近辺で真新しい美術家が作った曲を耳にします。TVだったり、ラジオだったり。そこでおもうのはとにかく時期が変わったのかなあ、という印象です。思えば紅白歌合戦も大層層入れ替えと言いますか、初々しい美術家が手広く立てるようになりました。タレントはわずか出すぎのような感覚もしますが、逆に言えばタレントと同じくらい支持な美術家が低いという事でもあるのでしょう。
BGMを聴く雰囲気というのはサイトや携帯の浸透によっていともひろがりました。そして、安価でBGMを聴くことができるようになってもしかしたら英知があっても「そろそろBGMで食べて行くことはしんどい」と判断してやめているういういしいほうが多いような気も決める。
しかし、この領域で英知の居残る人間はほおっておいても勝手に曲を作ったり歌ったりするものです。より本物が出てきそうな予想もあります。そういえば、ここ何年も心にしみる好ましい歌を聞いたことはないかもしれません。http://www.mutuellescmeq.com/

下手な自分は、今日も当をよむ(しか薄い)

前は「記者なんてチャラい」と思っていたけど、今は違う。言及が移り変わるけれど、ドストエフスキーだったか、敢然と覚えていないけど、とある作家の作を読んでいない作家のほうがあることに驚いた。嫌みとかじゃなくて、もの凄くことだと思う。ギターやピアノを弾かないで作曲した者みたいだ。中野信子様の「追及無益論」が至って読みたい。なんだか現在異常にガイドが読みたくてダメダメ。昔から、ガイドを発表できた者や、作曲家族とか、すっごく夢見るっていうか、尊敬して仕舞う。以前は記者なんてと思ってた。でも、過去、アイドルみたいな者が執筆を書くのかラジオで言うのか忘れたけど、授業の科目で習ったことを素材にしようとして大人の者に叱られていたのを思い起こしたら、オリジナルの執筆を書くのって相当むずかしいことなのだなって、今は思ってる。いえ、昔から思ってるけれど、最近はひときわ深く思うようになった。下手な私は、読みめくるしかないのかと思ってる。外壁塗装 単価